中古革靴が初めての方でも そのままデートに履いていけるくらい「キレイで状態が良く」「1日履いていても疲れない一足」を 店長と相談しながら安心してゆっくり選べるお店です。 当店では合わない靴を無理におススメすることは「絶対に」ありません!

いよいよ発表第1位!60sレザーソールのサービスシューズ SPORTWELT SHOE CO INC ENDICOTT JOHNSON

LINEで送る
Pocket

アメリカ海軍サービスシューズ
60s レザーソール ヴィンテージ


●左 1968年 SPORTWELT SHOE CO INC
●右   1970年 ENDICOTT JOHNSON

店長青山です、

いよいよ第一位の発表となります。
今回は2点を同時に第一位にさせて頂きました。

どちらもおよそ半世紀昔に作られた
アメリカ海軍サービスシューズ。

人気の高いレザーソールの
ヴィンテージサービスシューズです。

サービスシューズにおいて
レザーソールというのは
1980年の途中までしか作られていません。

ですので
基本的にレザーソールというだけで
1970年代以前のものと判断できます。

その為、ミリタリー好きにも
古靴好きにもとても人気の高いモデルです。

●左

1968年 SPORTWELT SHOE CO INC

今回のお品は【 6アイレット 】、
ヒモを通す穴が6つあるタイプのお品です。

そして、

アイレットの下にある
糸のステッチが2本あるダブルステッチと
なっています。

ざっくりとした年代判別法になりますが
アメリカ海軍のサービスシューズは
おおよそ1950年代には5アイレットになります。

1960年代になると6アイレットになって
その後、およそ1970年代の物は
5アイレットに戻ります。

もう一つの判別法としては
アイレットの下にある
ステッチの有無があります。

1960年代の物までには
このステッチの糸が存在して
いるのです。

ダブルステッチ(ステッチが2本の物)と
シングルステッチ(ステッチが1本の物)の
2つのモデルがあります。

今回のお品はステッチが2本ですね。

このアイレット下のステッチですが
1970年代には無くなってしまっている
ディテールです。

なのでサービスシューズで
アイレット下に糸のステッチがあるのは
古いタイプの物と判断できるんですね。

参考として違う年代のシューズの
写真を下に乗せておきます。

下のサービスシューズは
1971年製のレザーソール、5アイレット。

そして、アイレット下のステッチが無しのモデルです。

DSCF3716_400

こうやって比べると違いが
理解しやすいと思います。

アイレット下のステッチは古いモデルを
判断するのに、とてもわかりやすい
基準の一つなので、サービスシューズを
選ぶ時には是非、参考にしてみて下さい。

タンの裏はフェルト地になっています。
これはおよそ1970年代ぐらいまでの仕様です。

インソールに8のウィズW(ワイド)という
刻印がありますね。

このようにインソールに
サイズが刻印されているのも
古いタイプのモデルです。

いろいろ細かい細部を見ていくのも
古靴を探す楽しみの
一つだと思います。

是非、当店に限らす、色々と
他のお店様でもたくさんの
サービスシューズを見せてもらって
下さいね。

そして、
あなたの目利きの経験値を
あげていって下さい。

それを続けていけば絶対に、
安くてコンディションの良い、
素晴らしい一足を自分の目利きの力だけで
探せるように絶対になります。

このような考察はとても面白いので
サービスシューズに限らず
古靴の魅力を楽しんでもらえればと思います。

1968年 SPORTWELT SHOE CO INC
サイズ 8 ウィズW (目安26cm~27cmくらい)
¥25700- (+tax ¥2056-)

●右

1970年 ENDICOTT JOHNSON

こちらは、1970年の6アイレット
ステッチ無し、レザーソールのお品です。

上の写真では見えていないと思いますが
サービスシューズの内側には
納入業者の会社名や製造年月日が記載されています。

ここを見て印字が確認できれば
年代は簡単にわかりますので
サービスシューズを購入する際には
参考にしてください。


1970年 ENDICOTT JOHNSON
サイズ 9 ウィズR(レギュラー)
(目安26.5cm~27.5cmくらい)
¥25700- (+tax ¥2056-)

そして最後に
現在当店の無料メルマガに
ご登録頂いている方のみの
かなりお得すぎる特典をお伝え致します。

12月26日~1月9日までに当店で
革靴を現金でお買い上げ頂いた方への
限定特典になります。

もし、

お申込みがまだの方はこの記事の下にある
フォームからご登録下さいね。

今回のキャンペーン、
当店で靴類(ブーツも含む)を
購入してくださった方には
革靴の寿命を劇的に伸ばす処置を
店長青山が自ら行います。

これは、通常では店長青山が
受け付けていない作業なのですが
もし、ご要望があった場合は
今現在、実際に一足

¥2000-
(税込¥2160-)

を頂いて作業しております。

こちらを行っておくだけで
靴の種類によってはカカトのトップリフト
と呼ばれる部品が何もしない時に比べて
2~3倍、長持ち
するという物です。

カカトのトップリフトという部品は
街の靴修理屋さんで交換してもらうと
一足、2592円~3240円程しますので
この処置を行っておくだけで
7776円~9720円ものコスト削減になるのです。

今回、当店で古靴を購入してもらうと
その靴にこれだけの長持ちの処置を
してお渡しします。

詳細はこちらでご確認ください。

『 9720円相当のプレゼント』

 

2016年もこちらのブログを
見て下さってありがとうございました。

お店でお客様から

「いつもブログ観てます!」

と、声を掛けて頂けるのが
何よりの励みです。

頑張ってブログを更新しようという
モチベーションになります。

来年も引き続き、
こちらのブログをご覧頂いて
当店まで遊びに来てくださいね。

それではまた!

良いお年をお迎えください!

※年末年始の営業時間

12月31日(土)12:00~18:00

1月1日~1月3日 店休日

1月4日(水)12:00~22:00

1月5日(木)12:00~22:00

1月6日~ 通常営業

 

========================

当ブログの過去記事より
閲覧数ランキング
【TOP10】

全国はもとより、世界各国からも
アクセスのある過去のブログ記事を
閲覧数順に集計、トップ10の
各記事をまとめました!!

かなり興味深い、
意外な結果となっていますので
是非、楽しみにご覧ください。

=======================

【革のお手入れ】専門ブログ
超人気記事【TOP10】

シューケア用品【M.モゥブレィ】の
正規販売店である当店が
革靴だけに限らずカバンや
レザージャケット、お財布など

【 革製品のお手入れ 】

に特化してお伝えしている
当メンテナンス専門ブログ中から
人気ブログ記事【トップ10】を
発表致します。

あなたのレザーアイテムの手入れに
必ず役に立つ内容ベスト10

とも言えるランキングです。

=======================

★簡単な7つのチェックポイントを
確認するだけで、中古革靴のダメージを
全て発見できるメソッド

【失敗しない!中古革靴の選び方】

一足にかかる時間はわずか3分。
今、履いている革靴の状態も
的確に判断できます!

=======================

● 【当店のお得なメルマガ】
ブログよりも先に 新入荷情報
届いたり
読者様限定割引などが
付いたりします。ご利用下さい!

変な広告も一切入りませんし、
解除も簡単にすぐできます。
ご登録がまだの時は下にあるフォームの
枠内にカーソルを合わせた後、
お名前などを記載してフォームの下の

『 確定 』ボタンを押してくださいね!

《メルマガ登録フォーム》

※当店の営業時間
各曜日の営業時間は以下の通りです。
月曜日 12:00 ~ 21:00
火曜日 12:00 ~ 19:30
水曜日 12:00 ~ 22:00
木曜日 店休日
金曜日 12:00 ~ 21:00
土曜日 12:00 ~ 21:00
日曜日 11:0020:00
商品の仕入れなどの関係の為、
予告なく営業時間が遅れる事があります。
全てを一人で行っておりますので
なにとぞご容赦下さいますよう
どうぞ宜しくお願い致します。

●【ガレージセール店内の様子】
店内の画像

●【当店の地図】
JR津田沼駅改札から
古着屋ガレージセールまで
お店までの道のりを詳しく写真入りで
ご紹介しています。

●【ブログ商品のお問い合わせ】
メールやお電話でお気軽にどうぞ。
お問い合わせの際は
何月何日のブログ商品
なのか必ず伝えてください。

なお、当店は地域のお客様に商品を
ご提供させて頂いておりますので

通信販売や電話・メールでのお取り置きは
行っておりません。


●【お問い合せ電話番号】
047-493-1236
(携帯電話からクリックで電話できます。)

●【お問い合せメールアドレス】
garageg2q@gmail.com
(携帯電話からクリックでメールできます。)

●【住所】
〒274-0825
千葉県船橋市前原西2-7-11
三真ビルA-1F


GARAGESALE公式ブログ

 

LINEで送る
Pocket

Comments

comments

関連記事