LINEで送る
Pocket

florsheim-varsity
1970年製【FLORSHEIM】 VIRSITY 30679

店長青山です、

新入荷のビンテージ革靴を
ご紹介します。

これをお探しの
古靴マニアの方も
大変多い事でしょう。

ブラウンレザーの
ロングウイングチップ。

1970年4月製のフローシャイム
【VIRSITY】です。

中に記載のある2桁の
アルファベットの印字は

【 D A 】

となっています。

【FLORSHEIM】の年対判別方法に
ついてはこちらの記事を
参考にしてみて下さい。

【FLORSHEIM】年代判別方法


キメの細かい革を使ったバーシティ

florsheim-varsity-1

このバーシティ、
当時のフローシャイムの中では
レギュラーラインの扱いなのですが
それにしては革質が非常に良く
マニアの評価もかなり高いです。

古いビンテージの革靴が良質な
皮革を使用していたという
良い例ですね。

フローシャイムの高級シリーズ
インペリアルのラインでは
当時から【Kenmoor】という
ロングウイングチップがありました。

しかし、

【Imperial Quality】の
ケンムールはシボ革を
使用していますので
雰囲気がまた違ってきます。

バーシティはスムースレザーが
お好きな方には、たまらない
モデルと言えるでしょう。

見て下さい。

若くて美しい女性のお肌のような
このキメの細やかさを。

florsheim-varsity-2

お手入れの際にたっぷりと
保湿して頂ければ、
プルプルのしっとりとした
革質を堪能できます。

もちもち吸い付くような
質感であなたの足を優しく
気持ちよく、きゅっと締め付けて
くれることでしょう。

革靴におけるトラの選び方

florsheim-varsity-3

このバーシティ、
天然皮革特有の表情であり
スムースレザーならではの

「トラ」

を、サイドに確認できます。

天然皮革におけるトラとは?

トラとは天然皮革に入っている
筋のようなシワの跡のことです。

特に牛の場合は

「ショルダー」

と呼ばれる首から肩にかけての
部分にできる事が多いです。

動物が生きている時にできた
シワの跡なので、皮革によって
個体差があり同じ模様の物は
決してありません。

このトラ模様は染色や型押しなど
革の加工の際に消えてしまう事も
多いです。

なので、
天然皮革の証であるトラ模様は
ナチュラルな革本来の魅力として
レザー好きにはむしろ好まれています。

新品高級革靴にトラが
入っている場合の選び方

トラはスムースレザーに入る
牛のシワなので中古に限らず、
新品の高級革靴にもその表情が
見られる物があります。

シワの跡とはいえ革が
傷んでいる訳ではありません。

革の強度などには全く
問題がないので品質には
影響もありません。

トラが見られるのは
顔料などの塗料が薄い証拠であり
より、ナチュラルな革本来の
表情なのです。

通常、

トラがある革を靴に使用する場合には
シマ模様が水平になるように
使うのがセオリーです。

今回のバーシティも
横方向にかけてトラが
入っていますね。

つま先からかかとに向かって
流れるように横向きに模様が
入っている個体ならば
良いと思います。

高級革靴であるほど
右足、左足でトラの入り方にも
バランスを合わせて
製作しているはずです。

トラのある革靴を選ぶ際には
参考にしてみて下さい。

【KENMOOR】か【VARSITY】か

こちらのバーシティ、
実は1960年代後半に
ほぼ全く同じような形状で
名前が変化していきます。

参考にできるのは
当店のブログで何回も
ご紹介していますが
1969年【FLORSHEIM】の
カタログです。

1969年【FLORSHEIM】CATALOG

このカタログの34ページに
今回と同じ品番30679があります。

florsheim-varsity-7

1969-florsheim-30679

靴の形状は今回のお品と
ほぼ全く一緒です。

1969-kenmoor-longwingtip

florsheim-varsity

しかし、

このカタログの右側に
記載されている文字を読んでみると

1969-the-kenmoor

品番【30679】はモデル名

【THE KENMOOR】

で、色は

『 Bourbon Windsor calf 』

となっていますね。

では、

今回のお品はバーシティではなく
ケンムールなのでしょうか?

バーシティとケンムールの見分け方

カタログを見ると一見
今回のモデルはケンムールのように
思えますが、こちらは
【VARSITY】です。

では、

どこでそれを見分けるのかというと
一番わかりやすい部分は
メダリオンの穴飾りです。

florsheim-varsity-4
【VARSITY】

kenmoor-1969-longwing
【THE KENMOOR】

解りますでしょうか?

一番簡単なポイントはここですね。

kenmoor-1969-longwing-medallion

今回の革靴の形状をしている
個体で、白い丸で囲ってある部分の
メダリオンの穴飾りがあれば
その革靴はKENMOORです。

それ以外でしたら
バーシティとなります。

【VARSITY】には移行期間があった?

ただ、このバーシティ、
カタログの発行された年から
考察するにケンムールと
同時期に販売、もしくは
移行期間があるように思えます。

現状確認できる限り、当店で
これまでに扱った【VARSITY】の
最も古い個体は
1966年12月製の物で
最も新しい個体は
1971年10月の物です。

1966-varsity
1966年12月製【VARSITY】
1971-varsity
1971年10月製【VARSITY】

これらで確認できる限り
1971年まではバーシティが
製造されていたと思われます。

1969年秋のカタログから
ケンムール名で発表されていた事を
考えると少なくとも

【1969年から1971年までは移行期間】

だったのかなと推測しています。

ちなみに
古着屋としてはこの年が
面白いと感じますね。

くしくも
ジーンズの『LEVIS』が
赤タブのビッグ【E】の文字を
スモール【e】へと移行した期間が

「1969年~1971年」

だからです。

アメリカで
ウッドストック・フェスティバルが
開催されたのも1969年ですし、
アポロ11号でアームストロング船長が
月面に降り立ったのも1969年です。

ブライアンアダムスのヒット曲も
【Summer of 69】ですし、USAの
OLD品を扱う者としてはなんだか
気になってしまう1969年ですね。

VINTAGE LONGWINGTIPの特徴

florsheim-varsity-longwing

また、VARSITYは
1960年代位に作られた
ロングウイングチップの特徴が
あります。

つま先付近からかかとに向かって
伸びてきた羽根が最後のおさまりの
部分でくるりと上に向かって
巻きあがっているのです。

florsheim-varsity-5

『BOSTONIAN』のロングウイングチップでは
1980年代にもこの仕様がありますが
基本的にはこのディテールがあると
60年代位の古いビンテージの
革靴となります。

florsheim-varsity-12

今回のお品、ご覧のように
アウトソールの減りも少なく
カカトもオリジナルのまま
一重の釘打ちがきれいに残っています。

『Imperial Quality』の
ケンムールだとカカトに三角形の
金属製金具【V-Cleat】が
付いていますよね。

しかし、VARSITYについては
【V-Cleat】は最初からありません。

florsheim-varsity-11

florsheim-varsity-10

タンの裏はフェルトです。

florsheim-varsity-6

レギュラーラインにつく
【FLORSHEIM】のロゴと
青い小窓が綺麗に残ります。

florsheim-varsity-9

florsheim-varsity-8

インソールの中ほどには
【UNION MADE】と
数字の『2』が刻印されています。

こちらの【UNION MADE】の
刻印はおよそ1960年代の
【FLORSHEIM】に入っています。

florsheim-varsity-13

VARSITYは甲の部分やかかとの
履き口付近にクラックが入りやすい
と言われていますが、
カウンターライニングにも
ヒビなど全くありません。

非常に美しすぎる一足です。

品番【30679】は
『 Bourbon Windsor calf 』
(バーボン ウィンザーカーフ)
ですが、この色でここまで
綺麗に残っている個体は
見た事がありません。

ホーウィン社のコードバンでも
バーボンというカラーが2年ほど
前から新色として出てきていますね。

ウィスキー色の生産が難しく
ほとんど供給できない事から
加わった新色らしいのですが
薄いカラーはクオリティを保つのが
大変なのでしょう。

新品に限らず、中古のお品でも
薄いブラウン系の革靴を
綺麗な状態で探すのは特に
難しいです。

汚れが目立ちやすい
バーボンカラーなどは
美品を入手するとなると
ほとんど履いた形跡のないものか
デッドストックで探すしかありません。

しかも、

すでに半世紀も昔のお品なので
存在自体が珍しい。

更にサイズが合うとは限らない。。

それをふまえると
今回のVARSITY。

お探しだった方からすれば
奇跡のような一足だという事が
理解して頂けるかと思います。

二度とは巡り合えないお品です。

サイズの合う方はぜひ
一度、実物を手にしてみて下さい。

それではまた!

動画

florsheim-varsity
1970年製【FLORSHEIM】 VIRSITY 30679
サイズ 9  ウィズC (目安26cm~27cmくらい)
¥37000-(+tax ¥2960-)

※ お勧め参考記事

florsheim-uwingtip
●1959年【FLORSHEIM】KENMOOR


●【FLORSHEIM】5桁の数字の意味

合わせてお読み頂くと
今回の一足に対する理解が
より一層深まります。

【 ※ 今回の一足のお手入れ 】

店長青山が今回の【FLORSHEIM】
VARSITYを
お手入れしたクリームは

【M.モゥブレィ】
アニリンカーフクリーム
です。

アニリン染めをしたデリケートな
カーフレザーであっても
シミになりにくいクリームで
栄養とツヤを与えてくれます。

このクリームであればまず、
失敗することはありません。

絶対に失敗したくない靴の
お手入れがある場合は
あなたにも、これを
使うことをお勧めします。

アニリンカーフクリームを
布にとって革に薄く塗り込んでいき
乾拭きをするだけの簡単な
お手入れです。

最後にホースブラシなどで
円を描くようにブラッシングしても
綺麗にツヤが出て仕上がります。

参考にしてみて下さい。

=======================
●【当店の地図】
JR津田沼駅改札から徒歩3分
古着屋ガレージセールまで
お店までの道のりを詳しく写真入りで
ご紹介しています。
garagesale
● 【当店のお得なメルマガ】
ブログよりも先に 新入荷情報
届いたり
読者様限定割引などが
付いたりします。ご利用下さい!

変な広告も一切入りませんし、
解除も簡単にすぐできます。
ご登録がまだの時は下にあるフォームの
枠内にカーソルを合わせた後、
お名前などを記載してフォームの下の
『 確定 』ボタンを押してくださいね!

《メルマガ登録フォーム》

========================

当ブログの過去記事より
閲覧数ランキング
【TOP10】

全国はもとより、世界各国からも
アクセスのある過去のブログ記事を
閲覧数順に集計、トップ10の
各記事をまとめました!!

かなり興味深い、
意外な結果となっていますので
是非、楽しみにご覧ください。

=======================

【革のお手入れ】専門ブログ
超人気記事【TOP10】

シューケア用品【M.モゥブレィ】の
正規販売店である当店が
革靴だけに限らずカバンや
レザージャケット、お財布など

【 革製品のお手入れ 】

に特化してお伝えしている
当メンテナンス専門ブログ中から
人気ブログ記事【トップ10】を
発表致します。

あなたのレザーアイテムの手入れに
必ず役に立つ内容ベスト10

とも言えるランキングです。

=======================

★簡単な7つのチェックポイントを
確認するだけで、中古革靴のダメージを
全て発見できるメソッド

【失敗しない!中古革靴の選び方】

一足にかかる時間はわずか3分。
今、履いている革靴の状態も
的確に判断できます!

=======================
※当店の営業時間
各曜日の営業時間は以下の通りです。
月曜日 12:00 ~ 21:00
火曜日 12:00 ~ 19:30
水曜日 12:00 ~ 22:00
木曜日 店休日
金曜日 12:00 ~ 21:00
土曜日 12:00 ~ 21:00
日曜日 11:0020:00
商品の仕入れなどの関係の為、
予告なく営業時間が遅れる事があります。
全てを一人で行っておりますので
なにとぞご容赦下さいますよう
どうぞ宜しくお願い致します。

●【ガレージセール店内の様子】
店内の画像

●【ブログ商品のお問い合わせ】
メールやお電話でお気軽にどうぞ。
お問い合わせの際は
何月何日のブログ商品
なのか必ず伝えてください。

なお、当店は地域のお客様に商品を
ご提供させて頂いておりますので

通信販売や電話・メールでのお取り置きは
行っておりません。


●【お問い合せ電話番号】
047-493-1236
(携帯電話からクリックで電話できます。)

●【お問い合せメールアドレス】
garageg2q@gmail.com
(携帯電話からクリックでメールできます。)

●【住所】
〒274-0825
千葉県船橋市前原西2-7-11
三真ビルA-1F


GARAGESALE公式ブログ

 

LINEで送る
Pocket