中古革靴が初めての方でも そのままデートに履いていけるくらい「キレイで状態が良く」「1日履いていても疲れない一足」を 店長と相談しながら安心してゆっくり選べるお店です。 当店では合わない靴を無理におススメすることは「絶対に」ありません!

激レアです!1950年代【FLORSHEIM S895】CAP TOE フローシャイムS品番6本ステッチキャップトゥ

LINEで送る
Pocket

激レア!フローシャイム 50年代 S品番

dscf6695_400
1950年代【FLORSHEIM S895】CAP TOE  S品番

店長青山です、

今回はスベシャルな一足をご紹介します。

そして、

「ビンテージの革靴の保湿」
についてお伝えして行きます。

本日入荷のお品は
1950年代の【FLORSHEIM】キャップトゥ。
品番 S895 になります。

dscf6661_400
10 D  623464
S895

これ以外の記載がありませんので
製造年と月の判別がちょっと
店長青山にはできません。

【FLORSHEIM】の『 S品番 』は
1956年あたりまでの製造のようですので
少なくとも1950年代半ばくらいの
お品かと思います。

dscf6698_400

dscf6701_400

ステッチは 6本 です。

これだけ細かいミシン目でしかも
この狭い間隔に6本のステッチを
入れてあるのはもの凄いと思います。

靴に使用している革質が
相当良くないとこの部分から
切れてしまうはずです。

店長青山は工業用ミシンで
ジーンズのすそ上げを何百本と
行ってきた経験からミシンで縫う事の意味が
ほんの少しだけわかります。

考えてもらえればわかると思うのですが
ミシンというのは針で
連続した小さな穴を空けて
そこに糸を通していきます。

ミシン目が細かいほど、一つ一つの
穴の距離が近いという事ですので
連続した穴で革に

『 ✄・・・・・・・・・ 切り取り線 』

が入っているような
状態になります。

この時に革が固かったり、
質が悪かったりするとミシン目から
革が裂けて切れてしまうのです。
ここで少し話がそれますね。
良い機会ですのでお話しておきます。

革靴の保湿に興味がない時は
この部分を飛ばして下さい。

特に、古いビンテージの革靴を水洗いしたり
保湿したりすると、靴が乾いた時に
中のライニングがミシン目のステッチから
切れてしまう事があります。

自分の知識のなさを暴露する事になるので
とても恥ずかしい話なのですが
何でもかんでも革靴を水洗いしようとする
店長青山には実際に
この経験があります・・・。

これは濡れた状態から乾燥する際に
一度ふやけて柔らかくなった革に
縮みが発生して、表面が引きつるのが
原因だと思います。

例えばなのですが

洗顔用ではなく手洗い用の石けんで
顔をゴシゴシ洗うと、乾いた時に
ほっぺたとかの肌が引きつりますよね?
肌の油分が石けんによって肌から
とられ過ぎてしまうのが原因です。

あれと同じ現象です。

で、

古いヴィンテージの革靴を濡らしたりすると
乾いた時にこのミシン目のステッチから
切れてしまうのです。

dscf6909_400

なぜならば、

ビンテージの革靴はミシン目が細かいため、
連続した穴が空いているステッチの所の革が
弱くなっているからです。

革靴の内側にあるライニングというのは
アッパーの外の部分と違って
油分の補給などが全くされていないことが
とても多いです。

ヴィンテージの革靴などとなると
半世紀以上もライニングには
何のクリームも入れられていない事に
なります。

そうすると水洗いして、乾く時に
革が縮んで切れてしまうのです。

店長青山のように古い革靴を
バケツの中の水にドブ漬けしようとする人は
少ないかと思いますが、
グリセリンでヴィンテージの革靴を
保湿する時などは特に気を付けて下さい。

では、
具体的にどうずればそれを
避けることができるかというと

グリセリン保湿をする前
先にライニングにクリームを塗って
充分にケアしておくことです。

ただ、
ライニングにクリームを塗ると
足が靴のなかで滑りやすくなって
ホールド感が悪くなるという
デメリットがあります。

ですので注意が必要ですが
中底ではなく内側のサイドの箇所であれば
まだ問題は少ないかと思います。

また、ほとんどの場合、
クリームの栄養成分によって
ライニングの色が変化して
濃い目になります。

が、
ライニングが切れてしまって靴が
履けなくなるよりは100倍イイ

と個人的には考えています。

実際に店長青山が何を使用するかというと

【M.モゥブレィ】
クリームナチュラーレ

(ニュートラル)です。

こちらを指を使ってライニングに
塗り込んでいきます。このクリームは
有機溶剤を全く使用していないので
靴の内部に塗っても安心です。

シダーオイル、カルナバワックス、
パームオイル、ビーズワックス等の
天然油脂を配合し、さらにその中でも
グレード(等級)の高いものを
使用しています。

実際にヴィンテージ靴に使用すると
乾燥したライニングがクリームを
グングン飲み込むので
ビックリするほどですよ。

クリームによってライニングが滑るのが
どうしても気になる時は、

【M.モゥブレィ】
リッチデリケートクリーム

を使用するといいかもしれません。

森のバターと称されるアボカドから
丁寧に採油した「天然アボカドオイル」を
主成分としているのでべたつかず、
皮革に深く浸透していきます。

ただ、

リッチデリケートクリームに関しては

天然成分 97%

が成分の内容となっています。

ほとんど問題はないかと思うのですが
残りの3%の成分が気になる時は
クリームナチュラーレの方が
無難かと思います。

しかし、これらのクリームも
靴の状態を見た上で入れて下さい。

場合によっては、乾燥しすぎていて
クリームナチュラーレに含まれる
水分だけでも、革が乾いた時に
縮むことがあるかもしれません。

その時にはかなり乱暴ですが
いきなり最初に

ミンクオイル
を入れてしまうのも革を割れから防ぐ
一つの手です。

「 靴の内部にミンクオイルなんて
まったくふざけている!
ケシカラン!」

という方もいると思うのですが
靴に対して良いか悪いかは別として
店長青山はそうしてしまいます。

「自分の靴がそのまま履けなくなる
よりは、よっぽどまし」

と思っているからです。

その後、保湿を考えていく感じです。

しかし、

全ての対応においてそうなのですが
古いビンテージの革靴に対しては
必ずしも効果があるかどうか
わかりません。

水分を多量に含ませたら
革が切れる可能性があるという事を
理解した上で自己責任において
革の状態を判断し、
チャレンジしてみて下さい。

と、

いう事で内容がそれてしまいしたが
6本のミシン目のステッチというのは
とにかく凄いという話でした。

dscf6707_400

dscf6710_400

dscf6715_400

レザーソールの状態もとても良いです。

dscf6717_400

dscf6668_400

dscf6670_400

dscf6673_400
H
UNION MADE
PED-FLEX PROCESS

42

とあります。

42の数字の前にある、丸で囲った
数字の部分は読み取れません。

dscf6676_400
タンの裏はフェルト、
状態はとてもいいです。
ライニングの裏地は布のライニングです。

そしてですね、

今回は1950年代の【FLORSHEIM】という
スペシャルなお品なので
当店の無料メルマガ読者様には
特典を付けたいと思います。

現金でお支払いの場合のみと
させて頂きますのでご了承ください。

この『S895』を現金で
お買い上げの無料メルマガ読者様には

こちらの
【FLORSHEIM】ビンテージ広告
をお付けいたします。

dscf6726_400
【FLORSHEIM】VINTAGE AD
フローシャイム1957年8月26日LIFE誌広告
¥2500-(税込¥2700-)

ただし!!

こちらの広告は店頭にて通常販売
している物ですのでもし、すでに
売れてしまっていたらゴメンナサイ。
同じものは2度と手に入らないので
お渡しすることができません。

でも、

実はまだブログではご紹介していませんが
同じような1940~1950年代の広告が現在
6枚お店に在庫として並んでいます。

『S685』の広告が無くなってしまっていた
時には、他の広告で良ければプレゼントで
お渡ししますのでこのキャンペーンを
利用してくださいね。

それではまた!

動画

dscf6695_400
1950年代【FLORSHEIM S895】CAP TOE S品番
サイズ 10 ウィズD
(目安27cm~28cmくらい)

¥33000-(+tax ¥2640-)

【 ※ 今回の一足のお手入れ 】

店長青山が今回の【FLORSHEIM S895】
お手入れに使用したクリームは
8169qlrinsl-_ux500_
【M.モゥブレイ】
シュークリームジャー
【ブラック】です。

かつて英国王室御用達だった
『メルトニアン』のクリームを
成分そのままに受け継いで誕生した
正当な後継モデルです。

すみやかに革に伸び広がるクリームは
優れた浸透性により靴に栄養と潤い、
柔軟性を与えることができます。

革を補色する為の成分として
『染料』を使用している事から
ナチュラルで経年変化を
楽しめる着色力も他にはない
魅力の一つです。

ブラッシングをすることで
上品なツヤを出て
あなたの革靴を美しく
蘇らせる事ができます。

革靴に栄養を与える
乳化性クリームとして

【 超正統派の逸品 】

です。

※ お勧め参考記事
1942年 第二次世界大戦中
『FLORSHEIM』ミリタリーシューズ広告
合わせてお読み頂くと
今回の革靴に対する理解が
より一層深まります。

========================

当ブログの過去記事より
閲覧数ランキング
【TOP10】

全国はもとより、世界各国からも
アクセスのある過去のブログ記事を
閲覧数順に集計、トップ10の
各記事をまとめました!!

かなり興味深い、
意外な結果となっていますので
是非、楽しみにご覧ください。

=======================

【革のお手入れ】専門ブログ
超人気記事【TOP10】

シューケア用品【M.モゥブレィ】の
正規販売店である当店が
革靴だけに限らずカバンや
レザージャケット、お財布など

【 革製品のお手入れ 】

に特化してお伝えしている
当メンテナンス専門ブログ中から
人気ブログ記事【トップ10】を
発表致します。

あなたのレザーアイテムの手入れに
必ず役に立つ内容ベスト10

とも言えるランキングです。

=======================

★簡単な7つのチェックポイントを
確認するだけで、中古革靴のダメージを
全て発見できるメソッド

【失敗しない!中古革靴の選び方】

一足にかかる時間はわずか3分。
今、履いている革靴の状態も
的確に判断できます!

=======================

● 【当店のお得なメルマガ】
ブログよりも先に 新入荷情報
届いたり
読者様限定割引などが
付いたりします。ご利用下さい!

変な広告も一切入りませんし、
解除も簡単にすぐできます。
ご登録がまだの時は下にあるフォームの
枠内にカーソルを合わせた後、
お名前などを記載してフォームの下の

『 確定 』ボタンを押してくださいね!

《メルマガ登録フォーム》

※当店の営業時間
各曜日の営業時間は以下の通りです。
月曜日 12:00 ~ 21:00
火曜日 12:00 ~ 19:30
水曜日 12:00 ~ 22:00
木曜日 店休日
金曜日 12:00 ~ 21:00
土曜日 12:00 ~ 21:00
日曜日 11:0020:00
商品の仕入れなどの関係の為、
予告なく営業時間が遅れる事があります。
全てを一人で行っておりますので
なにとぞご容赦下さいますよう
どうぞ宜しくお願い致します。

●【ガレージセール店内の様子】
店内の画像

●【当店の地図】
JR津田沼駅改札から
古着屋ガレージセールまで
お店までの道のりを詳しく写真入りで
ご紹介しています。

●【ブログ商品のお問い合わせ】
メールやお電話でお気軽にどうぞ。
お問い合わせの際は
何月何日のブログ商品
なのか必ず伝えてください。

なお、当店は地域のお客様に商品を
ご提供させて頂いておりますので

通信販売や電話・メールでのお取り置きは
行っておりません。


●【お問い合せ電話番号】
047-493-1236
(携帯電話からクリックで電話できます。)

●【お問い合せメールアドレス】
garageg2q@gmail.com
(携帯電話からクリックでメールできます。)

●【住所】
〒274-0825
千葉県船橋市前原西2-7-11
三真ビルA-1F


GARAGESALE公式ブログ

 

LINEで送る
Pocket

Comments

comments

関連記事

アーカイブ