中古革靴が初めての方でも そのままデートに履いていけるくらい「キレイで状態が良く」「1日履いていても疲れない一足」を 店長と相談しながら安心してゆっくり選べるお店です。 当店では合わない靴を無理におススメすることは「絶対に」ありません!

70年代フローシャイム デッドストック ローファー【FLORSHEIM】5ケタの品番数字の意味

LINEで送る
Pocket

70年代フローシャイム デッドストック ローファー

DEAD STOCK【FLORSHEIM】
BIT LOAFER 1973年

店長青山です、

今回はアメリカ古靴を
お好きな方でしたら、一足は
持っているであろう【FLORSHEIM】の
品番の意味をお伝えしたいと思います。

こちらは店長青山が自分で靴を
調べて研究し、解明したものでは
ありません。

vcleat

というサイト様でご紹介されている
内容ですので、ご興味のある時は
是非、ご覧になって下さい。

FLORSHEIM-LOAFER1973

FLORSHEIM-LOAFER1973

で、

こちらのサイトから内容を確認してみると
ライニングに記載のあるこちらの
5ケタの数字には意味があります。

インペリアル以外のモデルの場合
こちらの5ケタの最初の数字が

2、3、5、8

の場合はその 靴の色 を
表しています。

例えば上の写真の靴では
21162
です。

この場合は頭の数字が2ですね。

2○○○○
→ ブラック、グレイ

3○○○○
→ ブラウン、タン、ゴールド

  ワイン、バーガンディ

4○○○○
→ ホワイト

8○○○○
→ ブルー

となっています。

今回のモデルは2なので
ブラックです。

そして『Imperial』のモデルの場合は
二けた目の数字が色を示しているようです。

こちらは先日ご紹介した

1977年【FLORSHEIM】Kenmoor

Imperial Quality のお品です。

中の5ケタの品番を見てみると
92604
となっています。

インペリアルの靴の場合は
2桁目の数字が色を表しています。

解っているものだと

2、3、6、7

です。

92○○○
→ インペリアル ブラック
93○○○ 
→ インペリアル 
  ブラウン,(黒でないもの)
96○○○
→ ロイヤルインペリアル ブラック
97○○○
→ ロイヤルインペリアル 
  ブラウン,(黒でないもの)

というように対応している模様です。
なかなか興味深いですよね。

FLORSHEIM-LOAFER1973

FLORSHEIM-LOAFER1973

他にもあります。
3ケタ目の数字はその靴の
スタイルを示しているようです。

○○0○○
→ ローファー、モンク
○○1○○
→ ローファー、ブーツ、モンク
○○2○○
→ ローファー、ブーツ
○○3○○
→ 内羽根式
○○4○○
→ ローファー、ブーツ
○○5○○
→ ローファー、ブーツ
○○6○○
→ 外羽根式
○○7○○
→ 外羽根式
○○8○○
→ 外羽根式
○○9○○
→ パターンなし

今回のモデルをこれらの法則で
確かめてみると
インペリアルではないローファーは
21162

2○1○○

1ケタ目 2 → ブラック
3ケタ目 1 → ローファー
という事で当てはまります。

Imperial Qualityのウイングチップは
92604


92○○○
→ インペリアル ブラック

という事でこちらも
一致しています。

あなたも古いフローシャイムを
お持ちだった場合は
是非確認してみて下さい。

なお、1990年代の始め位までの
【FLORSHEIM】についてはここまでの
法則がかなり当てはまるようですが
それ以降になると品番に法則性が
なくなってくるようです。

数字の頭が1で始まるモデルについては
2002年以降の比較的新しい
フローシャイムの可能性が高いです。

FLORSHEIM-LOAFER1973

で、

今回の一足なのですが
写真のとおりデッドストックです。
フローシャイムの年代については
ライニングに印字のある
右下2ケタのアルファベットで
判別できます。
今回のモデルでは
『  LD 』ですね。

【FLORSHEIM】年代判別

FLORSHEIM-LOAFER1973

今回のお品、LD という事で
19○3年12月の製造品です。

1973年のお品かと思われるのですが、
少し悩ましいディテールがありまして、、、

FLORSHEIM-LOAFER1973

こちらのトップリフトですね。

この形のフローシャイム
ゴム製トップリフトは
『 釘穴があるモデル 』と
『 釘穴が無いモデル』の2種類があります。

釘穴があるモデルの方が古くて
ざっくり言うと、1960年代の物となります。
釘穴が無いモデルは
1970年代以降のお品です。

今回のお品、釘穴が有りの
トップリフトで1960年代かと
思えなくもないです。

ただ、穴にある青い文字の
印字やその他のディテールを見ると
1973年の製品かなーと思えます。

どなたかお詳しい方がいらっしゃいましたら
ご教示頂ければ幸いです。

FLORSHEIM-LOAFER1973

FLORSHEIM-LOAFER1973

FLORSHEIM-LOAFER1973

ともあれ、
非常に珍しいビンテージのデッドストック
【FLORSHEIM】ビットローファーです。

特徴的なスクエアトゥで
紳士の雰囲気がありますね。

この状態で手に入ることは
二度とありません。
一生に一度の出玉かもしれませんよ!

サイズの合う場合は速攻で
実物を見に来てくださいね。
それではまた!


DEAD STOCK【FLORSHEIM】
BIT LOAFER 1973年
サイズ9 ウィズD(目安26.5cm~27.5cmくらい)
¥29000-(+tax ¥2320-)

【 ※ 今回の一足のお手入れ 】

店長青山が今回の【FLORSHEIM】
BIT LOAFERのお手入れしたクリームは
サフィールノワール クレム1925
【サフィールノワール】クレム1925
【ブラック】です。

ご存じだとは思いますが
当店はシューケア用品
【M.モゥブレィ】の正規販売店です。

通常であれば
革靴を手入れする時のクリームは
もちろん【M.モゥブレィ】を
使用します。

しかし今回はヴィンテージの
デッドストックという事で
黒光りを強調したかったこともあり
こちらを使用してみました。

それほどまでに
サフィールのクレム1925は
とても素晴らしいクリームです。

最高品質のビーズワックス、シアバター
カルナバワックスなどの天然原料を
厳選して使用し配合されています。

成分のシアバターが高い浸透性で
革に潤いを与え、ビーズワックスが
ヴィンテージの革靴にも
上品な光沢感を出してくれるのです。

乳化性クリームなのですが
仕上げに、固形ワックスが
必要ないほど良く光ります。

まだ試したことのない場合は
是非一度、ご利用になる事を
お勧めいたします。

========================

当ブログの過去記事より
閲覧数ランキング
【TOP10】

全国はもとより、世界各国からも
アクセスのある過去のブログ記事を
閲覧数順に集計、トップ10の
各記事をまとめました!!

かなり興味深い、
意外な結果となっていますので
是非、楽しみにご覧ください。

=======================

【革のお手入れ】専門ブログ
超人気記事【TOP10】

シューケア用品【M.モゥブレィ】の
正規販売店である当店が
革靴だけに限らずカバンや
レザージャケット、お財布など

【 革製品のお手入れ 】

に特化してお伝えしている
当メンテナンス専門ブログ中から
人気ブログ記事【トップ10】を
発表致します。

あなたのレザーアイテムの手入れに
必ず役に立つ内容ベスト10

とも言えるランキングです。

=======================

★簡単な7つのチェックポイントを
確認するだけで、中古革靴のダメージを
全て発見できるメソッド

【失敗しない!中古革靴の選び方】

一足にかかる時間はわずか3分。
今、履いている革靴の状態も
的確に判断できます!

=======================

● 【当店のお得なメルマガ】
ブログよりも先に 新入荷情報
届いたり
読者様限定割引などが
付いたりします。ご利用下さい!

ご登録がまだの時は下にあるフォームの
枠内にカーソルを合わせた後、
お名前などを記載してフォームの下の

『 確定 』ボタンを押してくださいね!

《メルマガ登録フォーム》

※当店の営業時間
各曜日の営業時間は以下の通りです。
月曜日 12:00 ~ 21:00
火曜日 12:00 ~ 19:30
水曜日 12:00 ~ 22:00
木曜日 店休日
金曜日 12:00 ~ 21:00
土曜日 12:00 ~ 21:00
日曜日 11:0020:00
商品の仕入れなどの関係の為、
予告なく営業時間が遅れる事があります。
全てを一人で行っておりますので
なにとぞご容赦下さいますよう
どうぞ宜しくお願い致します。

●【ガレージセール店内の様子】
店内の画像

●【当店の地図】
JR津田沼駅改札から
古着屋ガレージセールまで
お店までの道のりを詳しく写真入りで
ご紹介しています。

●【ブログ商品のお問い合わせ】
メールやお電話でお気軽にどうぞ。
お問い合わせの際は
何月何日のブログ商品
なのか必ず伝えてください。

なお、当店は地域のお客様に商品を
ご提供させて頂いておりますので

通信販売や電話・メールでのお取り置きは
行っておりません。


●【お問い合せ電話番号】
047-493-1236
(携帯電話からクリックで電話できます。)

●【お問い合せメールアドレス】
garageg2q@gmail.com
(携帯電話からクリックでメールできます。)

●【住所】
〒274-0825
千葉県船橋市前原西2-7-11
三真ビルA-1F


GARAGESALE公式ブログ

 

LINEで送る
Pocket

Comments

comments

関連記事