中古革靴が初めての方でも そのままデートに履いていけるくらい「キレイで状態が良く」「1日履いていても疲れない一足」を 店長と相談しながら安心してゆっくり選べるお店です。 当店では合わない靴を無理におススメすることは「絶対に」ありません!

【Brooks Leather Sportswear】1970年代 シングルライダースジャケット ブルックスレザースポーツウェア

LINEで送る
Pocket

 

DSCF2367_400

店長青山です、

今日は【Brooks Leather Sportswear】の
お話をしたいと思います。

 

こちらは私物ですので販売はできないんです。
スイマセン。。
レザージャケットのお読みものとして

参考にして頂けたら幸いです。

 

DSCF2355_400

 

で、

 

このジャケットの話を始める前に
ちょっと必要なので
ジョセフ・ビューガライゼン・カンパニーに
ついてお話させてもらいますね。

 

history1_400

 

【Joseph Buegeleisen Company】は
1933年にミシガン州のデトロイトで
アクセサリーブランドとして始まった会社です。

デトロイトは大手自動車ブランド
「ビック3」が本拠地を構える車産業
発祥の地。モーターサイクルの文化の
起点となった土地なんですよね。

 

 

そのデトロイトで戦後から
【Joseph Buegeleisen Company】も
レザージャケットを作り始めました。

 

img_0_400

 

ここで少し話がそれます。

 

 

そもそも、今ある
モーターサイクルジャケットの原型って
どこにあるのか、ご存知ですか?

 

 

ライダースジャケットが一般的になってくる前の
1900年代初頭から1950年代くらいまで
使用されていたレザージャケトに
スポーツジャケットというものがあります。

 

これが、ライダースジャケットの原型に
なったわけですが、もともとは
アビエイタージャケットが起源なんです。

 

 

要は、飛行機のパイロット(アビエイター)が
着ていたレザーのフライトジャケットが
ライダースジャケットの原型なんですね。

 

イギリスの有名なブランドにルイスレザーと
言うのがありますが、昔のタグには
羽根のマークが書いてあります。

 

img_0

 

あれはもともと飛行機を意味する
レザーブランドだったからです。

 

 

で、話を戻すと

 

飛行機乗りが着ていたジャケットが
戦後、自動車やオートバイの普及により
一般化してきたのがモーターサイクルジャケット。

 

 

今で言うライダースジャケットです。

 

そのライダースジャケットを
戦後から【Joseph Buegeleisen Company】も
レザージャケットを作り始めました。

 

この会社、実はある通称があります。

 

 

ビューガライゼン・カンパニーの
頭文字をとって

「Buco」(ビューコ)。

 

 

日本語風に知られているのは
【ブーコ】です。

 

そうです、レザーに興味があったら
知っているかもしれませんね。

 

日本のリアルマッコイズが
復刻を手掛けた事で
知られる、【Buco】です。

 

 

このブーコ。

ライダースジャケットの世界では
伝説のブランドで1970年代には
消滅したブランドです。

 

 

そのブーコが今回の
【Brooks Leather Sportswear】
に関係しています。

 

1957年からヘルメット産業にウエイトをシフトさせた
ブーコでしたが60年代には自社工場のレザービジネスを
止めます。

 

その時にポリスマンジャケットと
ブーコの名品レースジャケットを
外注生産しました。

 

 

その生産を請け負ったのが、
かつてブーコの社員だったサンダー・ウェスが率いる
【ブルックス レザースポーツウェアー】
だったのです。

 

 

1959年に創業した【Brooks Leather Sportswear】は
あの【Buco】の下請けでジャケットを
作っていた会社だったんです。

 

 

元請けの【ブーコ】は
無くなってしまいましたが
このブルックスは今でも健在です。

 

ここで、やっと今回のジャケットが
出てきます。

 

長かったですね。(笑)

 

 

おそらくなのですが、
レザージャケットの歴史となると
インターネットで調べようにも
なかなか、情報が手に入らないと思います。

 

 

ですので、ちょっと長かったのですが
前置きをさせて頂きました。

 

 

で、今回のシングルライダースは

【Buco】の名品レースジャケット「J-100」
と形はほぼ一緒です。

img_0 (1)_400

 

真ん中のジャケットがブーコの
【J-100】ですね。

まあ、ブーコの「J-100」を作っていた
工場の製品に「自分の会社のタグを付けただけ」
みたいなものかと思います。

 

襟もとについているネームタグは
プリントになっていて、おそらく
1970年代に入ってからのものです。

 

DSCF2356_400

 

これより古いタグは【織りネーム】(刺繍タグ)に
なっています。

 

 

【Buco】の「J-100」に比べたら革質などは
劣りますが、細身のシンプルな
シングルライダースで、街着として着るには
ちょうどいいかもしれません。

 

 

ブルックスは今でもこの形を
つくっていますので、興味のある方は
ホームページをのぞいてみてください。

 

ちょっと、昔のものと比べて
イメージがかけ離れるかもしれませんが。。。

 

【Brooks Leather Sportswear】ホームページ:
http://brooksleather.com/

 

DSCF2370_400

 

DSCF2364_400

 

レザーのライダースも革靴同様
昔の製品の方が完全にモノがいいです。

 

革質や雰囲気が絶対に古い物の方が
いいんですよね。

 

なので、もしあなたがレザージャケットを
お探しなのであれば、かつてのビンテージの方が
新品の物よりも質がいい可能性があります。

 

 

古いレザージャケットは
本当に魅力的です。

 

まとったら、躰の一部として
タフな状況からもあなたを守ってくれる
守護神的な存在です。

 

是非、この古いレザージャケットの世界にも
足を踏み入れてみてください。

 

今までになかった新しいあなたを
人生に加えてくれることでしょう。

 

今回は特別寄稿のブログでしたが
店長青山の世界に付き合ってくれて
最後まで読んでくださり
ありがとうございました。

 

それではまた!

 

 

========================

当ブログの過去記事より
閲覧数ランキング
【TOP10】

全国はもとより、世界各国からも
アクセスのある過去のブログ記事を
閲覧数順に集計、トップ10の
各記事をまとめました!!

かなり興味深い、
意外な結果となっていますので
是非、楽しみにご覧ください。

=======================

【革のお手入れ】専門ブログ
超人気記事【TOP10】

シューケア用品【M.モゥブレィ】の
正規販売店である当店が
革靴だけに限らずカバンや
レザージャケット、お財布など

【 革製品のお手入れ 】

に特化してお伝えしている
当メンテナンス専門ブログ中から
人気ブログ記事【トップ10】を
発表致します。

あなたのレザーアイテムの手入れに
必ず役に立つ内容ベスト10

とも言えるランキングです。

=======================

★簡単な7つのチェックポイントを
確認するだけで、中古革靴のダメージを
全て発見できるメソッド

【失敗しない!中古革靴の選び方】

一足にかかる時間はわずか3分。
今、履いている革靴の状態も
的確に判断できます!

=======================

● 【当店のお得なメルマガ】
ブログよりも先に 新入荷情報
届いたり
読者様限定割引などが
付いたりします。ご利用下さい!

変な広告も一切入りませんし、
解除も簡単にすぐできます。
ご登録がまだの時は下にあるフォームの
枠内にカーソルを合わせた後、
お名前などを記載してフォームの下の

『 確定 』ボタンを押してくださいね!

《メルマガ登録フォーム》

※当店の営業時間
各曜日の営業時間は以下の通りです。
月曜日 12:00 ~ 21:00
火曜日 12:00 ~ 19:30
水曜日 12:00 ~ 22:00
木曜日 店休日
金曜日 12:00 ~ 21:00
土曜日 12:00 ~ 21:00
日曜日 11:0020:00
商品の仕入れなどの関係の為、
予告なく営業時間が遅れる事があります。
全てを一人で行っておりますので
なにとぞご容赦下さいますよう
どうぞ宜しくお願い致します。

●【ガレージセール店内の様子】
店内の画像

●【当店の地図】
JR津田沼駅改札から
古着屋ガレージセールまで
お店までの道のりを詳しく写真入りで
ご紹介しています。

●【ブログ商品のお問い合わせ】
メールやお電話でお気軽にどうぞ。
お問い合わせの際は
何月何日のブログ商品
なのか必ず伝えてください。

なお、当店は地域のお客様に商品を
ご提供させて頂いておりますので

通信販売や電話・メールでのお取り置きは
行っておりません。


●【お問い合せ電話番号】
047-493-1236
(携帯電話からクリックで電話できます。)

●【お問い合せメールアドレス】
garageg2q@gmail.com
(携帯電話からクリックでメールできます。)

●【住所】
〒274-0825
千葉県船橋市前原西2-7-11
三真ビルA-1F


GARAGESALE公式ブログ

 

LINEで送る
Pocket

Comments

comments

関連記事

アーカイブ