LINEで送る
Pocket

beck-riders
69~70s VINTAGE【BECK】ARNLEY
SINGLE RIDERS JACKET

店長青山です、

今回は極上のビンテージ

RIDERES JACKETが入荷しました。

1969~70年代の

『BECK』社の物です。

Beck Distributing Corpの歴史

【Beck Distributing Corp】は1914年に
アメリカのニューヨークで設立された会社。

創業当時に人気の出始めた
オートバイのアクセサリーや
スペアパーツを扱っていました。

革のヘルメットやグローブ、
白いスカーフやライディングスーツなど
を輸入して販売していたのです。

beck-riders-building

第一次世界大戦が勃発するとベックは
通信兵が戦場で使うサイドカーを
アメリカ陸軍に納入する契約を取ります。

オーストラリア製のサイドカーを
軍に納入する大きな取引を成功させると
戦後には急成長しているモーターサイクル
市場へバイクの修理部品とアクセサリーの
カタログを提供し販売を拡大。

beck-catalog

ニューヨークのハーレム地区
131ストリートに本部を置き
イギリスなどの国から輸入した
部品を全米に提供していきました。

1979年にオートバイ事業を
閉鎖するまでアメリカ最大の
バイクパーツ販売会社として
業界に影響力を持ち続ける事となります。

harley-davidson-55

indian-fire-arrow

ハーレーダビットソンや
インディアンやなどのバイクパーツを
手がけ、第二次世界大戦の前にはすでに
全米最大規模で販売していました。

また、特に
TriumphやAJS、Norton-Villiersなど
英国車に焦点を当て全米に紹介した
功績も大きいです。

triumph

AJS

Norton-1961

ベック社の創業者

この会社の創業者は
1914年当時、まだ20代だった
ベックです。

5回の倒産を繰り返しては
起業したというビジネスマンです。

この創業者のベックですが
調べていくと、名前が
よくわからなくなってきます。

「アーヴィング・ベック」

とする場合と

「ジャック・ベック」

とする説があるのです。

1962年に出された
アメリカの有名な

american-motorcycling
【American Motorcycling】
1962年3月号

という雑誌には

「Irving Beck」

と紹介されていますし、
【BECK/ARNLEY】社の
ヒストリーを見ても
アーヴィングとなっています。

ですが、

日本では基本的に
「ジャック・ベック」
として説明している
サイト様が多いようです。

これは店長青山の憶測でしか
ないのですが、

ベック社と繋がりの深い
【SCHOTT】の創業者が
関係していると個人的には
考えています。

SCHOTT社の創業者は

Founder-Schott-bros

「Irving Schott」

「Jack Schott」

というロシア系ユダヤ人移民で
あった兄弟。

このショット兄弟の
アーヴィングとジャックという名前。

どちらかが【BECK】社の
創業者の名前と同じだったのでは
ないでしょうか?

そのため、
ベックとショットの創業者の
名前が混同されてしまい、
2通りの説が出ているのではないか、と
勝手に推測しています。

海外の「アーヴィング」という説明。
日本の「ジャック」という説。

店長青山的にはどちらも
同じぐらい有力だと思います。

オフィシャルのホームページで
「アーヴィング・ベック」
と紹介されていながらも
「ジャック・ベック」の方が
正しいのではないかな、と
個人的には考えていたりします。

いずれにせよ、

ベックというのは
モーターサイクルジャケット誕生と
発展の歴史に欠かすことのできない
会社です。

ですが、よくわかっていない
部分も多いのですね。

過去の歴史を調べつつ、
自分なりに色々と考察を
加えていくのもビンテージの
革ジャンの楽しみ方だと思います。

leather-schott-riders

なので、

店長青山はこのように自分勝手に
推測をして遊んでいるのです。

全米最大のモーターサイクル
ディストリビューター

ベックは会社の名前の通り、
ディストリビューターとして
スタートしています。

ディストリビューターとは
自社で一度商品を購入してから
独自に販売をする会社の形態。

要は、卸売業という事ですね。

ですので、ベック社は
商品を生産するメーカーではなく
販売だけを行ってきました。

全米中にモーターサイクル関係の
アクセサリーパーツを提供し
広めてきた功績があります。

現在、世の中でレザーの
ライダースジャケットが一般的に
広まっているのはベック社の存在が
あったからなのですね。

ここで少し考えて頂きたいのは
ベック社は卸業者なので

「生産を一切行っていない」

という点です。

で、あるならば
ベックのタグが付いている
商品だとしてもそれらは全て

「外注で他の会社が生産した品」

という事になります。

riders-James-Dean

【BECK】のライダース
ジャケットを
生産していたのは・・・

ベック社は卸業者なので
カタログに載っているアイテムの
全ては外部の会社が作った物と
なります。

【BECK】のタグがつく
商品においても、すべて
それは同様です。

モーターサイクルジャケットも
しかりで革のライダースは
みんな外注商品となります。

では、

一体【BECK】のレザージャケットは
どこが生産していたのかというと
1つは第二次世界大戦以前の
超名品とされる幻のブランド

【Leathrer Togs】レザータグス 社。

もう一つわかっているのは
ベックとは関係の深い

【SCHOTT BROS.】社

になります。

【BECK】と【SCHOTT】の関係性

1913年にニューヨークで創業し
現代までも続いている
アメリカ有数のレザーブランド、
【Schott】。

Riders-Schott-bros

このショット社ですが
創業から半世紀ほどたった
1960年代後半まで製造だけを
行っており、自社で販売を行う事は
ありませんでした。

この【Schott】社が作った
レザージャケットの販売を
全て引き受けていたのが
【BECK】だったという事になります。

販売だけを行う卸売業の【BECK】と
製造だけを行い、販売を任していた
【Schott】。

この2社の関係はレザージャケットの
発展の歴史に大きく貢献していきます。

ベックは自社のタグをつけた
レザージャケットの製造を
【Schott】に依頼していたので
ベックの名品とされるモデルも
中身はショットという事が多いです。

1969年にArnley Brake
Shoe Company と統合

アメリカは第二次世界大戦後になると
海外の自動車を輸入するように
なります。

オースチンやモーリス、
MGなどの英国車が人気で
どんどん輸入されるようになりました。

しかし、当時それらの
自動車パーツを扱っている所が
米国には、ほとんどありません。

英国車のメーカーはすでに
アメリカでバイクパーツの
販売経路を確保していた
【BECK】に話を持ちかけます。

これによりベックは新たに
自動車のパーツ業界へと
参入する事になるのです。

beckarnley

英国車のブームの後には
フランス車の人気が高まりました。

ルノー・プジョー・シトロエンなど
が輸入され、そして60年代には
ドイツから来たフォルクスワーゲンが
アメリカで旋風を巻き起こすのです。

beck-arnley

1000万台以上ものVWビートルが
アメリカで販売された影響により
ベックも主要ビジネスをバイクから
自動車へと変化させていきます。

そして1969年には大きな合併が
行われました。

ピッツバーグで1956年に
創業したアーネリー・ブレーキ・
シュー・カンパニーと合併。

アーネリー社と統合された事により
自動車部品業界へ更に大きな
影響力を持つようになります。

65年間もの長きに渡り、
アメリカのモーターサイクル史に
大きな影響を与えてきた【BECK】。

しかし、
自動車業界へのシフトのため
合併から10年後の1979年に
オートバイ事業部門を閉じる事と
なりました。

今回入荷のお品は
1969年に行われたアーネリー社との
合併から、およそ10年間の間に作られた
ジャケットと推測されます。

名品【BECK】666
RACING SHIRTS

ベックのビンテージライダースは
アメリカのモーターサイクル
市場の中では名品とされています。

その中でも店長青山が
buco-j-100-leather-shirt
【BUCO】J-100 LEATER SHIRT

と並ぶシングルライダースの
傑作だと考えているのが

beck-leather-racing-shirt
【BECK】LEATHER
RACING SHIRT

モデル、【666】です。

beck-racing-shirt

beck-shirt

モデル666のジャケットも
全てかどうかは定かで
ありませんが生産は【Schott】社が
手掛けていたものとなります。

【BECK】666は名品のため
そのクォリティの高さで
世界中のマニアから尊敬を集める
日本の復刻ブランド
「トイズマッコイ」さんでも
手がけていますね。

TOYS McCOY さん復刻
BECK 666 SINGLE
RIDERS JACKET

お値段は

18万3600円

です。

今回入手したシングルライダーズ
ジャケットはこの666の形を
踏襲しています。

モデル名、品番がわからないのですが
少なくとも666の後継モデルではないかと
考えています。

【Schott】641シングルライダース
ジャケットとの違い

beck-riders

1960年代後半までベックの
ライダースは生産をショット社に
委託していましたので形も
ショットの641と似ています。

ただ、現行のショットに
比べると若干サイズ表記よりも
実物が小さい感じがあります。

今回のお品はサイズが
40なのですが、現行ショットの
モデル641に比べると
作りが細めです。

サイズ的には現行の
ショット641の38くらいに
当たるかと思います。

その若干細めのシルエットが
スタイリッシュでたまらなく
セクシーです。

beck-riders-1

店長青山はベックの
ライダースを偏愛しています。

本当に若い頃から
色々と25年ぐらいかけて色々な
シングルライダースを探してきました。

ベイツやブルックスや
ショットなどを購入してきました。

BATESの60年代
シングルライダースは
革が厚く重たかったのですが
質感がとても柔らかいものでした。

それよりも重量的に軽い
ブルックスのシングルよりも
着ていて全然疲れ無かった事を
今でも覚えています。

洋服は重さだけで
判断してはいけないという事実を
この革ジャンに教えてもらいました。

ブラウンレザーのシングルで
とてもお気に入りでしたが、
身体をシェイプしたら
サイズが大きくなりました。

肉体の進化を優先した為に
このライダースは手放しました。

ショット641シングルの形は
個人的に現行品でも
かなり好みです。

そして、

古着屋としては
60年代ビンテージで
胸ポケットの形が

「逆ハの字型」

になっているショットの
シングルライダースが
どうしても気になって
仕方がありません。

しかし、

この年代の「逆ハの字型」
ショットは中のライニングが
キルティングなのです。

そして

革の質感が気持ち、
少し薄く思えるのです。

あくまでも個人的な主観ですが
中のライニングが
キルティングではない方が
どちらかと言えば好みです。

これはシングルに限った話で
ダブルのライダースは
中がキルティングでも
いいと考えています。

シングルでキルティングだと
春先に着る時、少し違うと
感じてしまいます。

なので、

ショットのシングル
ライダースであれば
古いビンテージよりも
現行品に近い641の方が
好みだったりします。

そのように色々と
紆余曲折はあったのですが
2016年の冬にやっと自分好みの
品を見つけました。

「これなら一生着ていけるだろう!」

と、

自分的に満足のいく品として
ようやく入手した私物です。

実はそれは、

今回のモデルと
全く同じベックの物なのです。

BECK/ARNLEY
レザーシングルライダース
1969~1979年モデル

BECK-ARNLEY-single-riders

右が店長青山の私物で
左が今回入荷の品です。

BECK-ARNLEY-single-riders-1

写真で見ると画面の下が
店長青山の私物で
画面の上が今回入荷のものです。

このモデルについている
【BECK-ARNLEY】の白タグには
店長青山の知る限り2種類あって
一つが今回入荷の物。

もう一つは今回入荷のタグの
記載に加えて
【MADE IN JAPAN】
という文字が入っているものです。

今回の品は生産国の記載が
何もない分、初期型だと
推測されますのでアメリカ製で
間違いないと考えています。

おそらく生産は【Schott】社
だったのではないかと
思います。

BECK-ARNLEY-single-riders-2

今回入荷の品は
サイズ40なのですが
店長青山の私物はサイズ38です。

しかし、

私物のベックより、
今回入荷したライダースの方が
コンディションが
かなり良すぎるのです。

店長青山の私物はライニングが
かなり切れていて、自分で頑張って
縫い直しましたが入荷の品は
穴一つありません。

現行品で出ている
ショットの641は個人的に
とても好みのライダースです。

しかし、古いベックと比べると
革質がまるで違って
どう考えても昔の物の方が
良いと感じてしまいます。

新品で購入すれば
10万円は下らない
クォリティです。

BECK-ARNLEY-single-riders-3

ガレージセールは古着屋です。

こちらとしてはお客様に
中古品を販売する立場です。

なので、

「今の物より古い物の方が
断然いいですよ!」

と言えば、

セールストークに
なってしまう事は理解できます。

しかも、

何度も言いますが
ショット641のように
個人的に古い物よりも
新しい物の方が好きだったり
する品もあります。

なので、

古着屋だからと言って
必ずしも

「昔の物の方が良い!」

とは言いたくない、と
考えています。

しかし、

革の製品に関しては
そう言わざるを得ないほど
クォリティに差が
付いているのです。

ライダースにしろ革靴にしろ
現代ではコスト削減の為、
海外に生産拠点を移し
革製品を作るメーカーが
多くなりました。

それは、

アメリカブランドと言えども
例外ではありません。

中米やインドなどで
製品を作っています。

たとえ、

アメリカ国内で製作を
していたとしてもです。

昨今では企業としての
効率性が重視され

「手間暇をかけて良い物を作る」

という感覚は
失われてしまっています。

大量生産、大量消費の
商品があふれ続けています。

昔に比べて革製品の品質は
ライダーズジャケットでも
革靴でもどの国でも
どのブランドでも
下がっている傾向があるのです。

そんな、

21世紀も20年近くたとうとする
現在に掘り出したお品が
今回のジャケットです。

正直に言いますが
今回のこちらのお品、
無理に購入頂く必要は
まったくありません。

個人的にベックなら
サイズ違いで40も
保持していたいというのが
ぶっちゃけた気持ちです。

春先には中に
カットソーなどを着て
サイズ38を着用したいです。

寒い時期にはサイズ40の中に
厚手のパーカーなどを着て
着まわしたいと考えています。

なので、

ある一定の期間だけは
店頭でお見せ致しますが、
しばらくしたら、引き下げて
私物にしようと考えています。

もちろん、その際には
きちんとフェアにこちらの
ブログで売れなかったため
私物にする事をご連絡します。

くれぐれも言っておきますが
今回お品、無理に購入頂く必要は
全くありません。

ただ、

当店では今後この
コンディションの【BECK】を
入荷する事は不可能でしょう。

それだけは確実に
保証いたします。

それではまた!

beck-riders
69~70年代ビンテージ【BECK】ARNLEY
シングルライダースジャケット
サイズ40 ¥47000-(+tax ¥3760-)

※ お勧め参考記事

おススメ記事【その1】

●マーロンブロンドが映画【乱暴者】で着たレザーライダースの正体

おススメ記事【その2】

●ライダースジャケットの選び方

【 ※ 今回のジャケットのお手入れ 】

今回、ベックライダースジャケットの
お手入れには【M.モゥブレイ】の

BEES-AGING-OIL
ビーズエイジングオイル 

を使用しました。

店長青山はライダース
ジャケットには基本的に
これを使用しています。

ミンクオイルとか
マスタングペーストとか
ワセリンとか、色々と革ジャンの
お手入れ情報が入り混じっています。

店長青山も

「結局、何がいいんですか?」

という質問をよく受けるのです。

しかし、実際に今まで一度も
使った事がないのあれば、

「とりあえず、
ビーズエイジングオイルを
使ってくれ!」

という感じです。

これがあまり良くないと
感じるのであれば、それから
他を試してみて欲しいと思います。

こちらはミツバチの巣から抽出した
天然のミツロウを主成分とした
ナチュラル栄養クリームです。

ミンクオイルのようにベタつかず、
サラッとした仕上がりになるのが
特徴で、自然なツヤが出せますし
防水性も保てます。

手で、クリームをすくうと
指の体温でかなり伸びやすくなるので
直接、指で塗り込んで使用しています。

天然成分のクリームなので
個人的には手荒れなども
全く気にする必要が無いで
安心して使用できます。

レザージャケットに
おすすめのクリームです。

=======================
●【当店の地図】
JR津田沼駅改札から徒歩3分
古着屋ガレージセールまで
お店までの道のりを詳しく写真入りで
ご紹介しています。
garagesale
● 【当店のお得なメルマガ】
ブログよりも先に 新入荷情報
届いたり
読者様限定割引などが
付いたりします。ご利用下さい!

変な広告も一切入りませんし、
解除も簡単にすぐできます。
ご登録がまだの時は下にあるフォームの
枠内にカーソルを合わせた後、
お名前などを記載してフォームの下の
『 確定 』ボタンを押してくださいね!

《メルマガ登録フォーム》

========================

当ブログの過去記事より
閲覧数ランキング
【TOP10】

全国はもとより、世界各国からも
アクセスのある過去のブログ記事を
閲覧数順に集計、トップ10の
各記事をまとめました!!

かなり興味深い、
意外な結果となっていますので
是非、楽しみにご覧ください。

=======================

【革のお手入れ】専門ブログ
超人気記事【TOP10】

シューケア用品【M.モゥブレィ】の
正規販売店である当店が
革靴だけに限らずカバンや
レザージャケット、お財布など

【 革製品のお手入れ 】

に特化してお伝えしている
当メンテナンス専門ブログ中から
人気ブログ記事【トップ10】を
発表致します。

あなたのレザーアイテムの手入れに
必ず役に立つ内容ベスト10

とも言えるランキングです。

=======================

★簡単な7つのチェックポイントを
確認するだけで、中古革靴のダメージを
全て発見できるメソッド

【失敗しない!中古革靴の選び方】

一足にかかる時間はわずか3分。
今、履いている革靴の状態も
的確に判断できます!

=======================
※当店の営業時間
各曜日の営業時間は以下の通りです。
月曜日 12:00 ~ 21:00
火曜日 12:00 ~ 19:30
水曜日 12:00 ~ 22:00
木曜日 店休日
金曜日 12:00 ~ 21:00
土曜日 12:00 ~ 21:00
日曜日 11:0020:00
商品の仕入れなどの関係の為、
予告なく営業時間が遅れる事があります。
全てを一人で行っておりますので
なにとぞご容赦下さいますよう
どうぞ宜しくお願い致します。

●【ガレージセール店内の様子】
店内の画像

●【ブログ商品のお問い合わせ】
メールやお電話でお気軽にどうぞ。
お問い合わせの際は
何月何日のブログ商品
なのか必ず伝えてください。

なお、当店は地域のお客様に商品を
ご提供させて頂いておりますので

通信販売や電話・メールでのお取り置きは
行っておりません。


●【お問い合せ電話番号】
047-493-1236
(携帯電話からクリックで電話できます。)

●【お問い合せメールアドレス】
garageg2q@gmail.com
(携帯電話からクリックでメールできます。)

●【住所】
〒274-0825
千葉県船橋市前原西2-7-11
三真ビルA-1F


GARAGESALE公式ブログ

 

LINEで送る
Pocket