LINEで送る
Pocket

40s-navy-service-shoes
40s【U.S.NAVY】
DRESS OXFORD SHOES
HOWARD & FOSTER. INC

店長青山です、

今回は古い古い
サービスシューズを
ご紹介します。

1944年7月22日製の
アメリカ海軍
ドレスオックスフォード
シューズです。

今からおよそ74年前、
第二次世界大戦中に
製造された実物本物です。

HOWARD & FOSTER. INC 
10  F 4008  1
NXsx 65948
JULY 22. 1944

40s-navy-service-shoes-14

軍から支給された
実物本物には内部に必ず
製造年などの記載があります。

この記載を読めば製造された
年月などが判別できるのです。

このコントラクトナンバーや
ミルスペックの読み方に
こちらのブログで詳しく
ご紹介していますのでご覧下さい。

軍物の年代を調べる方法

 
40s-navy-service-shoes-2

今回のお品では1940年代の
サービスシューズのディテールを
確認できます。

40s-navy-service-shoes-3

40年代サービスシューズの特徴

まず、

シューホールの数が6個。

40年代のサービスシューズは
アイレットが5個と6個が
存在します。

50年代、60年代になると
アイレットの数は
6個になります。

そのアイレットの下に
入っているステッチは
ダブルです。

このステッチは
1960年代後半以降になると
シングルステッチと
なっていきます。

そして、シューレースは
コットン製の平紐ですね。

そしてなんといっても
40年代のサービスシューズの
特徴はこちらです。

カカト部分にT字型の革が
当ててあります。

40s-navy-service-shoes-5

40s-navy-service-shoes-6

40s-navy-service-shoes-7

このカカトのT字型
革パッチがあると
おおよそですが1940年代と
判別できます。

そして、

店長青山がこの
サービスシューズを見て
何が驚愕したかといって
ここです。

40s-navy-service-shoes-last-hole

革靴のかかとに穴が開いている理由

わかりますでしょうか?

カカトの部分に小さな穴が
開いています。

このようなカカトにある
小さな穴、よく見ていると
様々な靴にも開いている事が
わかります。

新品の革靴でカカトに
このような小さな穴が
存在していると

「不良品だ!」

と勘違いされる方も
多いようですが
それは違います。

むしろその靴は
良い靴だと考えて下さい。

新品の靴屋さんだと
その穴を利用して値札を
付けている事もあるので

「プライスカードの為に
靴に穴を空けられた!」

と思ってしまうかもしれませんが
実はこれは靴の製造過程で出来る
穴なのです。

last

靴の製造過程では
革を靴の形に整える際に
『木型』というものを使用します。

その木型に革を合わせて
靴の形を作っていくのですが
固定する際に小さな釘を使って
ずれないようにするのです。

last-hole

その釘を止める箇所が
カカトの上部に当たるので
革靴のこの位置に穴が開きます。

LASTのかかと部分にも
穴が開いているのが
わかりますね。

この靴のかかとの穴は、
職人が手作業で靴を
製造している物にしか
付きません。

工場で大量に機械生産した
物にはついていない訳です。

なので、

穴が開いている靴があったとしたら
その靴は職人の手作業で作られた
良い品という事の目安になります。

店長青山が何に
驚愕したかといって今回の
サービスシューズにこの穴が
開いていたという事です。

軍隊が兵士に大量な数を
提供するサービスシューズなのに
職人が手で釣り込んで
一足一足作っていたというのが
現代ではとても考えられません。

しかも、

第二次世界大戦中ですよ!?

戦時生産局から物資統制が
行われるようなこの時期に
ここまで行われているのが
すごいです。

と、いうか
昔はそうやって靴を作るのが

『当たり前だった時代』

なんでしょうね。

むしろ他に選択する方法が
なかったと言うべきか。

「昔の靴の方が革質も作りも
現行品とは比べ物にならない程
良かった」

とは、革製品に関して
よく言われる事ですが
サービスシューズにおいても
そのような現実をまざまざと
感じさせられてしまいます。

40s-navy-service-shoes-8

そして今回のこの靴
デッドストックではありませんが
アウトソールの減りもご覧の通り
ほとんどありません。

超絶美品のミントコンディションです。

マンソンラストか?
ネイビーラストか?

40s-navy-service-shoes-9

アウトソールには

J.P.CONLON
NAVAL INSP

の文字が入ります。

これは
海軍のINSPECTOR(検査官)
という意味です。

J.P.CONLON さんが
検査官のお名前だと思います。

この靴を検査した人の
名前ですかね。

靴を検査した人の名前が
いちいち入っているというのも
驚きです。

ちなみにこの名前、
靴内部のインソールにも
刻印されていますよ。

そして、

特徴的なのは靴の
ウエスト部分のくびれです。

この時代のサービスシューズには
マンソンラストが使用されているとも
言われています。

マンソンラストについては
過去のこちらの記事を
参考にしてください。

1951年アーミーサービスシューズ

 

40s-navy-service-shoes-1

アッパー部分のコッペパンのような
つま先の立ち上がりや、外に向かって
ふっくら張り出した形を見ると、
なるほどマンソンラストかもしれないと
思います。

ただ、

今回のソールの形を見る限り
マンソンラストというよりは
ネイビーラストが使われているような
気がしないでもありません。

う~ん、難しい。。。

ミリタリー系は
奥が深すぎて悩みます。

この、

ミステリアスな所もまた
軍物の魅力の一つかも
しれませんね。

40s-navy-service-shoes-10

40s-navy-service-shoes-11

ご覧の通りカカトの
トップリフトもオリジナルのまま
綺麗に残っています。

ほとんど履かれた形跡が
ありません。

40s-navy-service-shoes-12

40s-navy-service-shoes13

カカト内部のヒールカウンターも
とてもきれいです。

40s-navy-service-shoes-15

40s-navy-service-shoes-16

タンの裏地はフェルトです。

40s-navy-service-shoes-17

先ほどアウトソールにもあった
検査官の名前がインソール
中心部分辺りに刻印されています。

内部も綺麗でダメージ等は
一切見られません。

と、いう事で
今回は超絶美品の
ミントコンディション。

1944年製の大戦モデル
サービスシューズでした。

当店では二度と手に入らない
お品ですのでサイズの合う方は
是非、一度見に来てください。

それではまた!

40s-navy-service-shoes
40s【U.S.NAVY】
DRESS OXFORD SHOES
HOWARD & FOSTER. INC
サイズ 10 ウィズF (目安27.5 cm~28.5cmくらい)
¥49800-(+tax ¥3984-)

※ お勧め参考記事

●デッドストック サービスシューズ

●サービスシューズ年代判別方法

合わせてお読み頂くと
今回のジャケットに対する理解が
より一層深まります。

【 ※ 今回の一足のお手入れ 】

アメリカ海軍のサービスシューズは
1960年代後半から革質が
スムースレザーではなく、
ガラスレザーとなっております。

今回のお手入れは
ガラスレザーではなかった
1960年代前半以前の
サービスシューズにのみ
適応する方法です。

ガラスレザーのサービスシューズを
お手入れする際にはその点を
ご注意ください。

サービスシューズのお手入れ
ガラスレザー編

で、

店長青山が今回
第二次世界大戦モデルの
サービスシューズに使用した
クリームは

サフィールノワール クレム1925
【サフィールノワール】
クレム1925
【ブラック】です。

ただ、

あまりにも古いビンテージの
モデルですので、まずは

『たっぷりと保湿を行う』

事が重要です。

ビンテージの革靴で最も
気を使わなくてはいけないのは

『 乾燥から革を守る 』

事になります。

ましてやそれが
デッドストックの品であったりすると
数十年間もの間、全く保湿が
されていない事にもなります。

なので

靴クリームを使用する前に
保湿のためのクリームを使って
革に潤いを浸透させていきます。

その際に使用するのは

delicate-cream-black
【M.モゥブレィ】
デリケートクリーム
(ブラック)

です。

デリケートクリームは
革のコンディションを
整える際にまず使用したい
クリームです。

主に保湿を目的とした
クリームとなります。

油分やロウ分などを

『革に入れる前』

に使用します。

今回は黒い革靴でしたので
デリケートクリームも
ブラックを使用しました。

本当に若干ですが、
無色の物よりもほんのりと
色が革に入りますので
ブラックの革靴に使う時には
お勧めです。

そしてその後
サフィールのクレム1925を
使用しました。

中古の革靴から強い
黒光りの輝きが欲しい時には
サフィールのクレム1925が
活躍します。

最高品質のビーズワックス、
シアバター、カルナバワックスなどの
天然原料を厳選して使用し
配合されているクリームです。

成分のシアバターが高い浸透性で
革に潤いを与え、ビーズワックスが
ヴィンテージの革靴にも
上品な光沢感を出してくれます。

乳化性クリームなのですが
仕上げに、固形ワックスが
必要ないほど良く光ります。

まだ試したことのない場合は
是非一度、ご利用になる事を
お勧めいたします。

=======================
●【当店の地図】
JR津田沼駅改札から徒歩3分
古着屋ガレージセールまで
お店までの道のりを詳しく写真入りで
ご紹介しています。
garagesale
● 【当店のお得なメルマガ】
ブログよりも先に 新入荷情報
届いたり
読者様限定割引などが
付いたりします。ご利用下さい!

変な広告も一切入りませんし、
解除も簡単にすぐできます。
ご登録がまだの時は下にあるフォームの
枠内にカーソルを合わせた後、
お名前などを記載してフォームの下の
『 確定 』ボタンを押してくださいね!

《メルマガ登録フォーム》

========================

当ブログの過去記事より
閲覧数ランキング
【TOP10】

全国はもとより、世界各国からも
アクセスのある過去のブログ記事を
閲覧数順に集計、トップ10の
各記事をまとめました!!

かなり興味深い、
意外な結果となっていますので
是非、楽しみにご覧ください。

=======================

【革のお手入れ】専門ブログ
超人気記事【TOP10】

シューケア用品【M.モゥブレィ】の
正規販売店である当店が
革靴だけに限らずカバンや
レザージャケット、お財布など

【 革製品のお手入れ 】

に特化してお伝えしている
当メンテナンス専門ブログ中から
人気ブログ記事【トップ10】を
発表致します。

あなたのレザーアイテムの手入れに
必ず役に立つ内容ベスト10

とも言えるランキングです。

=======================

★簡単な7つのチェックポイントを
確認するだけで、中古革靴のダメージを
全て発見できるメソッド

【失敗しない!中古革靴の選び方】

一足にかかる時間はわずか3分。
今、履いている革靴の状態も
的確に判断できます!

=======================
※当店の営業時間
各曜日の営業時間は以下の通りです。
月曜日 12:00 ~ 21:00
火曜日 12:00 ~ 19:30
水曜日 12:00 ~ 22:00
木曜日 店休日
金曜日 12:00 ~ 21:00
土曜日 12:00 ~ 21:00
日曜日 11:0020:00
商品の仕入れなどの関係の為、
予告なく営業時間が遅れる事があります。
全てを一人で行っておりますので
なにとぞご容赦下さいますよう
どうぞ宜しくお願い致します。

●【ガレージセール店内の様子】
店内の画像

●【ブログ商品のお問い合わせ】
メールやお電話でお気軽にどうぞ。
お問い合わせの際は
何月何日のブログ商品
なのか必ず伝えてください。

なお、当店は地域のお客様に商品を
ご提供させて頂いておりますので

通信販売や電話・メールでのお取り置きは
行っておりません。


●【お問い合せ電話番号】
047-493-1236
(携帯電話からクリックで電話できます。)

●【お問い合せメールアドレス】
garageg2q@gmail.com
(携帯電話からクリックでメールできます。)

●【住所】
〒274-0825
千葉県船橋市前原西2-7-11
三真ビルA-1F


GARAGESALE公式ブログ

 

LINEで送る
Pocket