中古革靴が初めての方でも そのままデートに履いていけるくらい「キレイで状態が良く」「1日履いていても疲れない一足」を 店長と相談しながら安心してゆっくり選べるお店です。 当店では合わない靴を無理におススメすることは「絶対に」ありません!

1966年6月製【FLORSHEIM】フローシャイム【Kenmoor】ケンムール《ビンテージ編》店長青山【超!厳選】売れ切れ必至の狙い目革靴ベスト6

LINEで送る
Pocket

店長青山です、

大変お待たせいたしました。
ヴィンテージ編も今回で完結します。

店長青山【超!厳選】
売れ切れ必至のヴィンテージ革靴6

いよいよ第2位と第1位の発表です。

第2位
DSCF6094_400
1978年製【FLORSHEIM】【Kenmoor】ケンムール

一足は手にしておきたい
【FLORSHEIM】のケンムール。
今回はブラックが第2位に
ランクインです。

最初見た時には

「もしや、デッドストックかっ!?」

って一瞬思ったくらい、極上の
ミントコンディションのお品ですよ。

DSCF6099_400

昨日もお伝えしましたが今、
【Kenmoor】のデッドストックが
市場価格で
¥80000- 位します。

ただ、一回でも履いてしまえば
デッドストックとしての価値は
その場でなくなってしまいます。

実際に履いていくことを考えると
中古でコンディションの良いお品を
探した方がコストパフォーマンス的に
いいかもしれないですね。

DSCF6100_400

DSCF6105_400
DSCF6108_400

では昨日に引き続きケンムールの
年代判別を一緒に行っていきましょう!

DSCF6114_400

まずアルファベットが

【 FI 】   =   6月 / X8年

ですね。

DSCF6123_400

DSCF6128_400

そして、【V-Cleat】。

【FLORSHEIM】の場合、古いものほど
ヒールの外側についているという
特徴がありました。

1970年代の前半の物までは
ヒールの外側の縁にそって
打たれているんでしたね。

今回のお品は【V-Cleat】が
若干、縁よりも内側に入り込んで
打たれています。

ですので、
こちらは70年代以降のお品です。

そして、

DSCF6109_400

『Imperial Quality』の筆記体ロゴは
1980年代半ばまでのディテールです。

これらからわかることは
●1970年代前半以降で
●1980年代半ばまでの物
●末尾がX8年 

という事で今回のお品は

1978年の6月のケンムール

と推測できます。

他のディテールも見ておきましょう。

DSCF6112_400

DSCF6118_400

ソックシートの前方が真っすぐに
なっているのは1972年以降の
お品でした。

DSCF6120_400

そして1970年代初頭までは
タン裏の当て革の中に『スポンジ』が
入れ込んであるのですがこちらの物には
入っていませんね。

と、いうことでその他の
ディテールから見ても
今回のお品は【1978年6月製造の物】と
推測できそうです。

とにもかくにも!

中古としてはありえないくらい
コンディションの良い
【Kenmoor】ケンムール。

これ以上はデッドストックでもなければ
望めないであろうほどキレイなお品です。

そしてそして、

サイズも【 8 1/2 D】
(目安26cm~27cmくらい)

これって本当に日本中のマニアが
探しているようなお品なんですよ。

迷う時間はありません。
行動を起こした人の勝ちです!

「自分にはまだ早い・・」

なんて言っていたら
二度とチャンスはつかめませんよ。

勇気を出してこの機会に
一生モノのビンテージを
手に入れて下さい!!
DSCF6094_400
1978年製【FLORSHEIM】【Kenmoor】
サイズ 8 1/2 ウィズD(目安26cm~27cmくらい)
¥42000-(+tax ¥3360-)

そしてそして!

お待たせいたしました!!
ついに発表です!!!

《ヴィンテージ編》店長青山【超!厳選】
売れ切れ必至のヴィンテージ革靴ベスト10

第1位の靴はこちらです。

第1位
DSCF6130_400
1966年6月製【FLORSHEIM】【Kenmoor】ケンムール

という事で今回の一位は

これでもか!!

の【Kenmoor】です。(笑)

しかも1966年製の超美品です。

あなたはここまで3回にわたり
ケンムールについて
お勉強をしてきてくれました。

この一足がどれくらい
価値のあるものなのか
想像してもらえるかと思います。

でも、店長青山の説明書きとか
読んでもリアルに実感が
わかないですよね。

実際に物を見て触ってみないと
理解も難しいかと思います。

ですのでこの一足については
感じて下さい。

ブログで説明を受けるのではなく
実際にお店で物を見て感じて下さい。

良かったらお店で店長青山に
解らないことを聞いてみて下さいね。

ここでは
年代判別だけご一緒に行きましょう!

イマイチよくわからない時は
過去二回のブログを
もう一度読んでみて下さいね。

ヴィンテージ編 第6~5位

ヴィンテージ編 第4~3位

DSCF6135_400

DSCF6138_400

DSCF6139_400

DSCF6142_400

DSCF6145_400

ソックシートの『Imperial Quality』筆記体ロゴは
1980年代半ばまでのディテールです。

ソックシート下には真っすぐな切り口で
スポンジのクッションが
入れ込んであるのが確認できます。

これは1960年代半ば以降の
仕様でした。

DSCF6147_400

アルファベットは

【 FG 】   =   6月 / X6年

です。

DSCF6148_400

ソックシートの前方がV字になっているのは
1972年までのディテールです。

DSCF6152_400

タン裏の当て革の中に
『スポンジ』が入れ込んである
のは1970年代初頭までになります。

DSCF6155_400

そして今回で初めて出てくる細部になります。

【V-Cleat】の金具がヒールの外側の
縁にそって打ち込まれています。
これは今回のランキングでは
初めて写真でご紹介しますね。

DSCF6160_400

DSCF6162_400

いかがでしょうか?

ここまで勉強してきてくれた事を
思い出して頂ければ
この靴の製造年月が推測できますね。

1966年の6月製造【Kenmoor】

ということになります。

これが判別できるという事はですね、
凄いことなんですよ。

「ある事実」を理解してください。

あなたは今回のブログを読んでいるうちに
いつのまにか、

「ちまたにある
ほとんどの古着屋の店員さんより
【Kenmoor】に関しては詳しい
レベルにまで達している」
ということになるのです。

古着屋で働き始めたら速攻で
アメリカ古靴の仕入れ担当責任者に
抜擢されることでしょう!

頑張りましたね。

ここまで長いランキングに
お付き合いくださいまして
ありがとうございました!

第1位の革靴については
是非お店で実物を確認してみて下さい。

手に取ってケンムールの奥の深さを
感じてもらえたら幸いです。

あなたとお店でお話できるのを
楽しみに待っています。

遊びに来てくださいね!
それではまた!

《ヴィンテージ編》
店長青山【超!厳選】

売れ切れ必至のヴィンテージ革靴
ベスト6

第1位
DSCF6130_400
1966年6月製【FLORSHEIM】【Kenmoor】
サイズ 10 ウィズC (目安27cm~28cmくらい)
¥45000-(+tax ¥3600-)

※ お勧め参考記事
ヴィンテージフローシャイム年代判別法

合わせてお読み頂くと今回
ご紹介した革靴に対する理解が
より一層深まります。

========================

当ブログの過去記事より
閲覧数ランキング
【TOP10】

全国はもとより、世界各国からも
アクセスのある過去のブログ記事を
閲覧数順に集計、トップ10の
各記事をまとめました!!

かなり興味深い、
意外な結果となっていますので
是非、楽しみにご覧ください。

=======================

【革のお手入れ】専門ブログ
超人気記事【TOP10】

シューケア用品【M.モゥブレィ】の
正規販売店である当店が
革靴だけに限らずカバンや
レザージャケット、お財布など

【 革製品のお手入れ 】

に特化してお伝えしている
当メンテナンス専門ブログ中から
人気ブログ記事【トップ10】を
発表致します。

あなたのレザーアイテムの手入れに
必ず役に立つ内容ベスト10

とも言えるランキングです。

=======================

★簡単な7つのチェックポイントを
確認するだけで、中古革靴のダメージを
全て発見できるメソッド

【失敗しない!中古革靴の選び方】

一足にかかる時間はわずか3分。
今、履いている革靴の状態も
的確に判断できます!

=======================

● 【当店のお得なメルマガ】
ブログよりも先に 新入荷情報
届いたり
読者様限定割引などが
付いたりします。ご利用下さい!

ご登録がまだの時は下にあるフォームの
枠内にカーソルを合わせた後、
お名前などを記載してフォームの下の

『 確定 』ボタンを押してくださいね!

《メルマガ登録フォーム》

※当店の営業時間
各曜日の営業時間は以下の通りです。
月曜日 12:00 ~ 21:00
火曜日 12:00 ~ 19:30
水曜日 12:00 ~ 22:00
木曜日 店休日
金曜日 12:00 ~ 21:00
土曜日 12:00 ~ 21:00
日曜日 11:0020:00
商品の仕入れなどの関係の為、
予告なく営業時間が遅れる事があります。
全てを一人で行っておりますので
なにとぞご容赦下さいますよう
どうぞ宜しくお願い致します。

●【ガレージセール店内の様子】
店内の画像

●【当店の地図】
JR津田沼駅改札から
古着屋ガレージセールまで
お店までの道のりを詳しく写真入りで
ご紹介しています。

●【ブログ商品のお問い合わせ】
メールやお電話でお気軽にどうぞ。
お問い合わせの際は
何月何日のブログ商品
なのか必ず伝えてください。

なお、当店は地域のお客様に商品を
ご提供させて頂いておりますので

通信販売や電話・メールでのお取り置きは
行っておりません。


●【お問い合せ電話番号】
047-493-1236
(携帯電話からクリックで電話できます。)

●【お問い合せメールアドレス】
garageg2q@gmail.com
(携帯電話からクリックでメールできます。)

●【住所】
〒274-0825
千葉県船橋市前原西2-7-11
三真ビルA-1F


GARAGESALE公式ブログ

 

LINEで送る
Pocket

Comments

comments

関連記事