中古革靴が初めての方でも そのままデートに履いていけるくらい「キレイで状態が良く」「1日履いていても疲れない一足」を 店長と相談しながら安心してゆっくり選べるお店です。 当店では合わない靴を無理におススメすることは「絶対に」ありません!

コードバン編【第1位】幻の逸品1962年【FLORSHEIM】VAIKING フローシャイム バイキングPLAIN TOE

LINEで送る
Pocket

DSCF9633_400
1962年【FLORSHEIM】VAIKING
PLAIN TOE コードバン

 

僕は自分を恥ずかしいと思いました。

 

恥ずかしすぎて過去のすべての
革靴ブログを消してしまいたく
なりました。

今までコードバンの革靴をご紹介する時に

【 革の宝石!! 】

とか、うたってお客様に
ご紹介してきたからです。

今まで僕は現行だと
オールデンのコードバンが
日本で手に入れられる最高峰の
コードバンなんだろうなと勝手に
想像していました。

でも、違いました。
新品にこだわらなければ、
それ以上の物が手に入ることを
実感として初めて理解できたのです。

コードバンという概念が
ひっくり返るほどのクォリティの靴が
かつてのアメリカ革靴には
存在していたのです。

50年以上も昔のアメリカ革靴。

しかもその当時のメーカーとしては
高級ラインのお品ではありません。
そのブランドの【レギュラー品】の品質に
完全に参ってしまったのです。

店長青山ごときのレベルで
おこがましいようですがコードバンを

【革の宝石】

と初めて呼んだ人の気持ちが
少しだけ分かった気がしました。

同じ手入れをしているのに美しすぎます。
現在コードバンと呼ばれている革とは
とても思えません。

なぜこんなにも違うのか
意味が理解できません。

50年前でも今でも、
馬は「うま」という同じ動物のはずです。
なのに違い過ぎるのです。

今までの店長青山の
コードバンという概念を
根底からくつがえす一足です。

恐ろしすぎます。

現行の【ALDEN】のコードバンを
売上の為にマーケティングに乗せ、
雑誌の特集を組んでいる拝金主義の
マスコミ連中に舐めさせて
やりたいくらいです。

DSCF9636_400

DSCF9639_400

DSCF9643_400

DSCF9646_400

今回のお品は【FLORSHEIM】の
1962年7月製のプレーントゥ。

恐らく【VIKING】というシリーズの中の
一足だと推測されます。

経験の浅い店主の話で
大変申し訳ないのですが僕はこの靴を
初めて実物で見たのです。

コードバンの【VIKING】なんて
販売されているお店様も
見たことがありません。

DSCF9652_400

DSCF9630_400

この時代のトップリフトには
【V-Cleat】が打ってありません。

レギュラー品だからなのかも
しれませんが、化粧釘は一重と半分です。
コスト削減でしょうか?

内側の2重目は半分までしか釘が
打ってありません。

DSCF9620_400

この時代の年代判別には重要な
【 UNION MADE】のスタンプが
入っています。

1970年代の【FLORSHEIM】には
入っていないと思いますので
1960年代です。

DSCF9627_400

と、いうことになりますと

アルファベットの文字
【 GC 】は60年代の
【 7月 / 2年 】。

1962年の7月製という事に
なりそうです。

DSCF9624_400

カカトのカウンターライニングも
まるできれいな状態で履いた形跡が
あまり見られません。
DSCF9631_400

DSCF9654_400

DSCF9657_400

タン裏のフェルトもすごくきれいなまま
両足ともに残っています。

DSCF9660_400

ただ、一つだけ惜しむらくは
上の写真で記した羽根を付けている
付け根の部分の糸が
切れてしまっている事です。

左足だけなのですが外側と内側共に
糸が切れてほつれかかってきています。

50年も昔の靴なので正直言うと
これ位は仕方のない事なのかなと
思います。

これ以上を昔の靴に望むのは
少し酷というものです。

ですので、
実際に使用される際には
履かれる前に補強をお勧めします。

ユニオンワークス様のように
信用できる靴修理店さんにお出しになられて
糸を縫い直して補強されてからの方が
いいと思います。

安心してこれからも履いて頂けると
考えています。

で、

今回の靴にもメルマガ読者様限定特典を
お付けしたいと思うのです。

が、
今までと同じ特典では
このコードバンの違いを訴える
店長青山の本気度があなたに
伝わらないと思います。

ですので今回のこちらのお品を
現金でお買い上げ下さった
メルマガ読者様にはこちらの

特典をお付けします。

DSCF9676_400
サルトレカミエ シュートリー SH200
¥6500-(税込¥7020-)
サイズ26.5cm~27cm

DSCF9680_400

【M.モゥブレイ】の会社R&D様が
自信を持ってお勧めする全世界的にみても
ハイクォリティなシュートリー、
サルトレカミエ。

今回の【VIKING】にぴったりなサイズを
特典として付けさせて頂きます。

これで、どれほどまでに
店長青山が本気でこのコードバンの良さを
伝えたいと思っているのかが
理解して頂けると思います。

ただ、その分あなたにも
本気になってもらいたいのです。

この特典を踏まえたうえで
二度と手に入らないこの靴を
手にしたいのであれば、すぐに
決断をしてください。

この特典を付けさせて頂くのは今月中の

11月30日(月)まで
とさせて頂きます。

その後はこちらの特典に移行させて
頂きますので気になる時は
男らしく決断してください。

12月以降になった時の特典は
以下の通りです。

次にあげる【3つ】の特典の中から
【2つ】お選びください。

DSCF9497_400

特典その1  写真左

【M.モゥブレイ】ステインリムーバー
300㎖ ¥2160-

特典その2 写真右

【M.モゥブレイ】クリームナチュラーレ
ニュートラル ¥2160-

+ ペネトレイトブラシ ¥432 のセット

特典その3 写真下

当店の店頭にあるネクタイの中から
お好きな物一点
¥6372-相当

DSCF5790_400-400x300

この3つの特典のなかからお好きな2つを
選んでくださいね。
メルマガ読者様限定の特別特典です。

今回のお品は
当店で今までおとり扱いしてきた中で
最も古いコードバンです。

正直に言ってこれ以上の古いコードバンを
今後扱う自信は店長青山にはありません。

もし、あなたがこのお品を少しでも
気になるのであれば
一度実物を見に来てください。

恐らくなのですが、
あなたの人生でもう一度同じ品を
見ることができるチャンスは
ほとんどないと思います。

是非、本物のコードバンの良さを
手に取って見て頂きたいと思います。

DSCF9633_400
1962年【FLORSHEIM】VAIKING
PLAIN TOE コードバン 
サイズ 9 1/2 ウィズB
(目安26.5cm~27.5cmくらい)

¥47000-(+tax ¥3760-)
※ お勧め参考記事
【ベスト10ランキング一覧】
2016年12月開催

合わせてお読み頂くと
今回の革靴に対する理解が
より一層深まります。

========================

当ブログの過去記事より
閲覧数ランキング
【TOP10】

全国はもとより、世界各国からも
アクセスのある過去のブログ記事を
閲覧数順に集計、トップ10の
各記事をまとめました!!

かなり興味深い、
意外な結果となっていますので
是非、楽しみにご覧ください。

=======================

【革のお手入れ】専門ブログ
超人気記事【TOP10】

シューケア用品【M.モゥブレィ】の
正規販売店である当店が
革靴だけに限らずカバンや
レザージャケット、お財布など

【 革製品のお手入れ 】

に特化してお伝えしている
当メンテナンス専門ブログ中から
人気ブログ記事【トップ10】を
発表致します。

あなたのレザーアイテムの手入れに
必ず役に立つ内容ベスト10

とも言えるランキングです。

=======================

★簡単な7つのチェックポイントを
確認するだけで、中古革靴のダメージを
全て発見できるメソッド

【失敗しない!中古革靴の選び方】

一足にかかる時間はわずか3分。
今、履いている革靴の状態も
的確に判断できます!

=======================

● 【当店のお得なメルマガ】
ブログよりも先に 新入荷情報
届いたり
読者様限定割引などが
付いたりします。ご利用下さい!

変な広告も一切入りませんし、
解除も簡単にすぐできます。
ご登録がまだの時は下にあるフォームの
枠内にカーソルを合わせた後、
お名前などを記載してフォームの下の

『 確定 』ボタンを押してくださいね!

《メルマガ登録フォーム》

※当店の営業時間
各曜日の営業時間は以下の通りです。
月曜日 12:00 ~ 21:00
火曜日 12:00 ~ 19:30
水曜日 12:00 ~ 22:00
木曜日 店休日
金曜日 12:00 ~ 21:00
土曜日 12:00 ~ 21:00
日曜日 11:0020:00
商品の仕入れなどの関係の為、
予告なく営業時間が遅れる事があります。
全てを一人で行っておりますので
なにとぞご容赦下さいますよう
どうぞ宜しくお願い致します。

●【ガレージセール店内の様子】
店内の画像

●【当店の地図】
JR津田沼駅改札から
古着屋ガレージセールまで
お店までの道のりを詳しく写真入りで
ご紹介しています。

●【ブログ商品のお問い合わせ】
メールやお電話でお気軽にどうぞ。
お問い合わせの際は
何月何日のブログ商品
なのか必ず伝えてください。

なお、当店は地域のお客様に商品を
ご提供させて頂いておりますので

通信販売や電話・メールでのお取り置きは
行っておりません。


●【お問い合せ電話番号】
047-493-1236
(携帯電話からクリックで電話できます。)

●【お問い合せメールアドレス】
garageg2q@gmail.com
(携帯電話からクリックでメールできます。)

●【住所】
〒274-0825
千葉県船橋市前原西2-7-11
三真ビルA-1F


GARAGESALE公式ブログ

 

LINEで送る
Pocket

Comments

comments

関連記事

アーカイブ